事故車(不動車)でも売れました

世の中には中古車の買い取り業者が何社もあり、一括査定のサービスも充実していますが、不動車(事故車)の買い取りとなるとそう簡単ではありません。実際私も一括査定の申し込みに査定を依頼したものの、車の状態を説明すると買い取りを拒否されました。私の車は平成10年に購入したトヨタカローラだったのですが、103,000km走ったところでエンジンブローで動かなくなってしまいました。最初はただの故障かなとおもっていたのですが、整備工場で見てもらうと、シリンダー内部に傷が入っており、ベアリングメタルのクリアランスが拡大してシャフトのスムーズな回転が出来なくなっているとのこと。どうやらエンジンオイルの供給が不足していて、部品の磨耗が発生していたようです。

そこで、廃車を決め、事故車を扱ってもらえる業者へ一括査定を申し込みましたが、どれもNG。エンジントラブルは最も復旧に費用がかかるため、買い取りは難しいんだそうです。(なるほどね)

困っていたときに整備工場の社長さんから高く売れる業者があると紹介頂きました。その業者は海外への販売ネットワークを自分でもっているので、国内の中古車買い取り業者に引き取ってもらえない様な酷い状態(私の車のような)でも、引き取ってくれるかもしれないから、聞いてみたらとのこと。
事故車買取=タウはこちらです。

早速WEB経由で査定依頼を出したところ、翌日に担当者さんから電話があり、実際に見せて欲しいとのこと。
その週の日曜日に来て頂き、車の状態を確認してもらいました。エンジンブローの他にもエアバックが故障しており、査定が少し下がりましたが、翌週には買い取りの見積もりを頂きました。
中古車2
諸手続きの代行を含めしめて66900円とのこと。
他の会社では引き取りもしてくれず、むしろ廃車の手続き代行費用でマイナスになるとまで言われたので、本当に助かりました。
事故車買取=タウ
という会社は自社の販売網をもっているので、中間マージンが必要ない事から、他社よりも高く買い取って頂けるそうです。
普通の中古車も買い取って頂けるそうなので、また利用させて頂く予定です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ